DataForce [JA]: User Studies

DataForce [JA]: User Studies

ユーザー調査
TRANSPERFECT DATAFORCE

AIは、モデルを改善するうえでデータの収集と分析に大きく依拠する一方、ユーザーの反応に関するデータを収集するという一面も持っています。DataForceのユーザー調査により、お客様は、実世界だけでなく設定したシナリオの中でも、自社製品やテクノロジーがどの程度うまく機能しているかに関するデータを収集できます。TransPerfect DataForceはお客様の目標を理解し、ユーザー調査を最適化するうえで最も効率的な方法でデータを収集するために、お客様と共に取り組みます。

まずはお客様と詳細な話し合いを行い、調査の範囲や条件を理解します

  • 使用される特定の言語または言葉のアクセントがあるか?
  • 調査は、特定の国や地域で実施すべきか?
  • 調査は単一の対象者層か、または多岐にわたる対象者層を対象とするべきか?
  • 電話、スマートスピーカー、車、その他のIoTデバイスなど、評価対象となる特定のテクノロジーや競合製品があるか?
  • 準拠すべき特定のセキュリティプロトコルがあるか?
  • 調査環境は、どの程度の制御が必要か?
  • 調査環境の基準や設定はどのようなものか?
  • 収集の対象となるデータのタイプはどのようなもので、それはどのように分析されるか?

これらの要件がすべてユーザー調査に組み込まれます

通常、モデレーターにより管理される調査は、データを歪める可能性がある望ましくない変数を低減できるよう、管理された環境で行われます。例えば、お客様のオフィス、自宅、車の中、または調査に適した疑似環境の中などです。お客様の代わりに直接観察する役割を担う、プロクター(試験監督官)が調査に立ち会います。プロクターの役割は、調査中における参加者のデータが目的に沿ったものとなること、および、調査データが安全に取得されることを徹底することです。

遠隔調査の場合は管理レベルが低くなり、多岐にわたる文脈を評価する場合に行われることがあります。典型的な遠隔調査では、ユーザーが日常生活で特定のテクノロジーをどのように利用するか、または、より「日常」に近い環境で、テクノロジーがどれほどうまく機能するかに関するデータを収集することが目的となります。

ここでご紹介するのは、スマートスピーカーを使った調査の事例です。モデレーターにより管理された調査と、遠隔調査の場合の違いが明確に現れています。

モデレーターによる管理された調査

100名のカナダフランス語を母国語とする参加者を対象に、競合する2つのスマートスピーカーを使いテストを実施。母国語でスピーカーに話しかけた場合、どちらのスピーカーがより良く応答するかを調査。

遠隔調査

世界各国の1,000名を対象に、スマートスピーカーを使いデータを収集。どのデバイスが最も使用頻度が高いかを調査。

 

TransPerfect DataForceは、多岐にわたるお客様のご依頼で実施したユーザー調査で成功を収め、フォーチュン100社に選出される多くの企業に信頼されています。当社は、HIPAAやGDPRなどのセキュリティポリシーを厳格に遵守し、ISO 27001認証を取得しています。全世界にいる35万人以上のエキスパートと200以上の言語を網羅する言語スペシャリストのデータベースを活用するDataForceには、ユーザー調査の策定と実施に必要な経験とリソースが揃っています。

 

Select Your Language


The Americas Europe Africa & Middle East Asia Pacific